仕様

CAT760, CAT709 はハードウェア仕様が異なるだけでソフトウェア的にはほぼ同じです。必要なスペックにあわせて柔軟にチョイスいただけます。

ハードウェア仕様

CAT760CAT709
CPUSH7760 (SH4) 200MHz バスクロック66MHzSH7709S (SH3) 117MHz バスクロック58MHz
メモリーSDRAM 64Mbyte(主メモリ)
FLASH 16Mbyte(ブート及びdisk領域)
SRAM 512KByte(バッテリーバックアップdisk領域)
SDRAM 32Mbyte(主メモリ)
FLASH 8Mbyte(ブート及びdisk領域)
SRAM 512KByte(バッテリーバックアップdisk領域)
Ethernet100BaseTX x1 (AX88796)←同じ
CFソケットCAT760上には未実装Type2仕様 活線挿抜未対応
シリアルポートRS232Cレベル x2, ロジックレベルx1
計3チャンネル(うち、1chはコンソールとして使用)
←同じ
USBポートUSB1.1ホストなし
I/Oポート3.3V TTLレベル(42本)3.3V TTLレベル(33本)
拡張バス#RD,#WR 制御型 非同期方式←同じ
その他RTC-IC←同じ
液晶コントローラー320×240 16bit色対応なし
サイズ・質量60x73mm(突起部含まず) 質量 25g69x73mm(突起部含まず) 質量 33g
電源+3.3V単一電源 最大600mA プロセス待機時200mA←同じ
cat760omote1.gifcat709omote1.gif
cat760ura11.gifcat709ura1111.gif
仕様・構造図面詳細→取り扱い説明書PDF(CAT760torisetu.pdf)
→構造図面 PDF(CAT760zrd.pdf)
→取り扱い説明書PDF(CAT709torisetu.pdf)
→構造図面 PDF(CAT709zrd.pdf)

ソフトウェア仕様

CAT760・CAT709共通です。

ソフトウェアデザインLinux Kernel 2.6.15, glibc 2.3,bash, busybox, telnet, telnetd, ftp, ftpd, boa(httpd),inetd, nfs-client
OSSiliconLinux

専用マザーボード

CAT760CAT709
CFソケットType2x2←同じ
シリアルポートDSUB9Px2←同じ
USBポート1なし
電源+5V単一電源←同じ
サイズ105x148 (mm) A6サイズ105x148 (mm) A6サイズ
760gaikan.gifeb709zrd_img.jpg
仕様・構造図面詳細→構造図面PDF(EB760zrd.pdf)
→回路図PDF(EB760_sch.pdf)
→構造図面PDF(EB709zrd.pdf)
→回路図PDF(EB709sch.pdf)
Last-modified: 2019-07-22 (月) 17:56:00 (29d)