renesas_cloud_build_seminor_build

dialog4.png

ユーザープロジェクトを右クリックし、「組み込みlinux」 -> 「ビルド」 を選択する

dialog09.png

  • Embedded Linux Build をダブルクリック(初回だけ)

dialog08.png

  • 「メイン」 タブを選択する
  • ディスクイメージを選択する
  • 参照を押し Renesas_Linux_Project を選択する

dialog07.png

  • 「BSP」タブを選択する
  • ワークスペースのタスタムBSPプロジェクトを選択する
  • 参照を押し、Rensas Linux Custom BSP Project を選択する

dialog2a.png

  • 「標準コンポーネント選択」タブを選択する

以下2つのパラメータのチェックを外す。

 Base-system(kernel modules) - selectable
   kernel-module-g-mass-storage  <--チェックを外す
   kernel-module-gadgetfs  <--チェックを外す

dialog2.png

  • 「オプションコンポーネント」タブを選択する

"nostromo" を追加する

ビルドの実行

[実行]を押しビルドを開始する。約15-30分。

SDカードへの書き込み

SDカードをUSBメモリカードリーダに入れてPCに取り付ける

dialog5.png

ユーザープロジェクトを右クリック
  組み込みLinux
    書き込み
      イメージファイル
        SDカード

を選択

dialog7.png

C:\Users\user\e2_studio\workspace\Renesas_Linux_Project\image_files\diskimage.tar.gz

を選択。マイクロSDのドライブはPCごとに異なるので注意すること。

ここまでの作業結果を

配布DVD\download\image_files\diskimage_step1.tar.gz

に保存済み

SDカードの取り付け

マイクロSDを CAT845 に取り付ける。CAT845の電源は必ず切った状態で行う事。

uboot変数の変更

uboot起動時に何かキーを押して停止し、uboot起動変数を変更する

Hit any key to stop autoboot:  3
なにかキーを押す
setenv bootargs 'console=ttySC10,115200 console=tty1 ignore_loglevel ro rootfstype=ext4 root=/dev/mmcblk0p3 rootwait vmalloc=384M'
setenv bootcmd 'fatload mmc 1:2 0x40007fc0 uImage; fatload mmc 1:2 0x40f00000 uImage.dtb; bootm 0x40007fc0 - 0x40f00000'
saveenv
reset

関連

自動リンク

Last-modified: 2018-01-23 (火) 22:51:43 (89d)