renesas_cloud_build_led

ユーザプログラムの追加 dialog1.png

ユーザープロジェクトを右クリック
   組み込みLinux
      追加
         ユーザープログラム

配布DVD(デスクトップ上に配置)の次の2つを選択する(追加を2回行う)

配布DVD\\download\gpio_led
配布DVD\\download\leddipswdriver

dialog3.png

start_userapp.sh を編集し3行追加する

/sbin/insmod /lib/modules/3.10.31-ltsi/extra/leddipswdriver.ko
nohup /home/root/bin/led_control > /dev/null &
exit 0

exit 0 の後は実行されないので残してもよい(消してもよい)

dialog2.png

ユーザープロジェクトを右クリック
   組み込みLinux
      ビルド

を選択する。今度はユーザプログラムを選択して実行する。

dialog35.png

ユーザープロジェクトを右クリック
   組み込みLinux
      書き込み
         ユーザープログラム

を選択する。

dialog4.png

上記のファイルを書き込むことを確認する(ここは確認のみ)。

dialog5.png

RZ/G1Eを選択する

dialog6.png

CAT845と接続されている COMポートを選択する

注意

  • CAT845を作業中の場合、TeraTerm側で必ずlogoutしておくこと。
  • e2stduioがCOMポートを使うのでTeraTermのシリアルコンソールを一度クローズすること。

dialog7.png

注意点を確認する

dialog8.png

シリアル経由でユーザプログラムが書き込まれる。

書き込み完了後再び TeraTerm を開き、ユーザプログラムが書き込まれたかを確認する。

ログイン

iwg22m login: root
Password:root                                  <---- 画面には表示されない

ファイルが付かされたかを確認する

root@iwg22m:~# cd bin/
root@iwg22m:~/bin# ls -l
-rwxr-xr-x    1 root     root         14032 Jan 23 13:42 led_control
-rwxr-xr-x    1 root     root           839 Jan 23 13:42 start_userapp.sh

start_userapp.sh の内容を確認する

root@iwg22m:~/bin# cat start_userapp.sh
#!/bin/bash

export CONSOLE=/dev/console
export WAYLAND_DISPLAY=wayland-0
export SHELL=/bin/sh
export TERM=xterm
export LD_PRELOAD=/usr/lib/libEGL.so
export LD_LIBRARY_PATH=/usr/local/lib
export PATH=/usr/local/bin:/usr/bin:/bin:/usr/share/qt5/examples/multimedia/video/qmlvideofx/
export EDITOR=/bin/vi
export TZ=UTC
export QT_QPA_PLATFORM=wayland
export XDG_RUNTIME_DIR=/run/user/root

/sbin/insmod /lib/modules/3.10.31-ltsi/extra/leddipswdriver.ko
nohup /home/root/bin/led_control > /dev/null &
exit 0

正しければ再起動し、LEDが点滅することを確認する。

# reboot

関連

自動リンク

Last-modified: 2018-01-23 (火) 22:49:12 (323d)