rasipi3_miniroot_boot

を済ませておくこと

microSDのパーティション

RasPi3_kernel で以下のようなパーティションとなった

cfdisk.png

/dev/mmcblk0p1FAT32128MByte起動に必要なファイル、config.txt、カーネル(zImage)、デバイスツリー(dtb)
/dev/mmcblk0p2ext4残り全部rootファイルシステム

マウントする

# mount /dev/sdb2 /media/sdb2
# cp -av /root/target/* /media/sdb2

次のようになっているはず

# tree /media/sdb2/
/media/sdb2/
|-- bin
|   |-- bash
|   |-- busybox
|   |-- cp -> busybox
|   |-- ln -> busybox
|   |-- ls -> busybox
|   |-- mv -> busybox
|   |-- rbash -> bash
|   `-- rm -> busybox
|-- dev
|-- lib
|   |-- arm-linux-gnueabihf
|   |   |-- ld-2.19.so
|   |   |-- libc-2.19.so
|   |   |-- libc.so.6 -> libc-2.19.so
|   |   |-- libdl-2.19.so
|   |   |-- libdl.so.2 -> libdl-2.19.so
|   |   |-- libncurses.so.5 -> libncurses.so.5.9
|   |   |-- libncurses.so.5.9
|   |   |-- libtinfo.so.5 -> libtinfo.so.5.9
|   |   `-- libtinfo.so.5.9
|   `-- ld-linux-armhf.so.3 -> arm-linux-gnueabihf/ld-2.19.so
|-- proc
|-- sbin
|   `-- init -> ../bin/bash
`-- usr
    `-- bin
        `-- qemu-arm-static

/usr/bin/qemu-arm-static は必要ない。消しても良い(あっても良いが)。

アンマウントして取り外す

# sync
# umount /dev/sdb2

VirtulBoxのメニュー、 「デバイス」 > 「USB」 で masstorageデバイスを取り外す

Windowsに認識され、Parttion2 (E:ドライブ?)が壊れている、フォーマットするかと聞いてくる(ext4だから)。当然ながらフォーマットしない。いいえをクリックする

起動

  • Raspi3の microSDソケットに挿入する
  • HDMIモニタ、USBキーボードを接続する
  • 電源を入れる

起動後、USBキーボードのENTERキーをカラ押ししてみる

関連

securitycamp2017B2

Last-modified: 2017-08-12 (土) 23:49:46 (4d)