RasPi3の立上げ

Raspbianイメージのダウンロード

$ 記号は一般ユーザで操作することを示す
# 記号はrootユーザで操作することを示す。
一般ユーザからは su コマンドで rootユーザに変わること

ダウンロードサイトTOP

島根県産業技術センター様 2017年11月セミナー受講生の方へ

debian jessieベースの最終

2017-07-05-raspbian-jessie-lite.zip

を使用すること。

配布するDVDの中の

raspi3-sdimage\2017-07-05-raspbian-jessie-lite.zip

にも収録されている。

GUIは使わずテキストコンソールのみしか使わないので、Raspbian Jessie Lite の zip をダウンロード、展開、DD for Windowsで書き込む

シリアルコンソール

pic_breadboard.jpg

UART-USB接続ケーブル

uartpic1.jpg uartpic2.jpg

Raspi3の出力は3.3V-TTLなので、3.3V-TTL対応のUART-USB変換ケーブルと接続する。

  • Rspi3のTXが出力。一般的にはUART-USB変換ケーブル側のRXと接続する
  • Rspi3のRXが入力。一般的にはUART-USB変換ケーブル側のTXと接続する
  • GND同士を接続する

起動設定ファイルの書き換え

microSDをUSBカードリーダに入れ、第1パーティション(FAT)を windowsマシンで開く。改行コードはLFとする。

  • cmdline.txt 置き換え
    dwc_otg.lpm_enable=0 console=serial0,115200 console=tty1 root=/dev/mmcblk0p2 rootfstype=ext4 elevator=deadline fsck.repair=yes rootwait
  • config.txt 1行追記
    dtoverlay=pi3-miniuart-bt

microSDをRaspi3に入れ、TeraTermを 115200bps にして電源を入れる。

Raspi3の設定

ログインユーザー名初期値

ユーザ名の初期値

ユーザ名pi
パスワードraspberry

パスワードの変更

$ sudo su
# passwd
(セキュリティ上はよろしくないが、rootなど簡単なものに変更しておく)

# password pi
(ユーザ名 "pi" のパスワード raspberry が覚えにくいので簡単なものに変更しておく。pipi など)

初期 microSD構成

/dev/mmcblk0p1   42M   21M   21M  51% /boot       vfat(FAT32)  0x0c
/dev/mmcblk0p2  3.6G  898M  2.6G  26% /           ext4         0x83
  • /etc/fstab
proc            /proc           proc    defaults          0       0
PARTUUID=ed6dbc86-01  /boot           vfat    defaults          0       2
PARTUUID=ed6dbc86-02  /               ext4    defaults,noatime  0       1

sshdの有効化

# raspi-config
> 5 Interfacing Options  Configure connections to peripherals
 > P2 SSH         Enable/Disable remote command line access to your Pi using SSH
  > Would you like the SSH server to be enabled?
   > YES

WIFI接続

SSID と PASSPHRASE(パスワード)を準備する

# wpa_passphrase SSID PASSPHRASE >> /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
                 ^^^^ ^^^^^^^^^^環境に合わせる

コメント部分に生パスワードが書かれているので消したほうがいい

# vi /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
# reboot

IPアドレス

デフォルトでは dhcpの設定になっている。これを使用するネットワークに合わせた固定IPとする。

  • /etc/dhcpcd.conf

eth0 (イーサ・ゼロ)を固定IPにする場合は次のようにする

interface eth0
static ip_address=172.16.100.30/16
static routers=172.16.0.1
static domain_name_servers=172.16.0.1

wlan0 (ワイヤレスLAN0) を固定IPにするには次のようにする

interface wlan0
static ip_address=192.168.1.255/24
static routers=192.168.1.1
static domain_name_servers=192.168.1.1

最新にアップグレード

# apt-get update
# apt-get upgrade

開発ツールのインストール

# apt-get install build-essential gdb gdbserver strace file nfs-common samba vim

関連

自動リンク

Last-modified: 2017-10-27 (金) 01:12:51 (29d)