超便利ソフト第二弾!! Linux開発環境登場!!

Silicon Linux株式会社より、DDwinに続く「超便利ソフト」第二弾!!が発売になりました。そのソフトの名前は

「SWEET」(SiliconWare Environment for Embeded Technology)

SWEETは、WINDOWS上でLINUXプログラムの開発を行うアプリケーションです。開発に必要なコマンド make, gcc, gdb, grep など、面倒なコマンドが簡単なマウス操作で実行できるようになります。既に使いこなしている上級者には 「より使いやすい環境」 を、LINUXの コマンドラインでの開発が初心者という方には 「やさしい環境」 を提供します。

UNIXコマンドをなかなか思い出せない。そんなあなたに

SWEETは、WINDOWSからLINUX開発機へコマンドを代理で発行するタイプのアプリケーションです。UNIXコマンドラインでの開発が初心者という方でも、エディット、コンパイル、実行、デバッグを簡単に行うことができます。また、SWEETから自動的に発行されたコマンドはコンソール画面に表示されますので、どういった場面でどのようなコマンドを使うかといったUNIXの学習にも最適です。キータイプによる従来どおりのコマンド入力にも対応していますので、従来のやり方に慣れている方はそのまま従来の方法で開発を行い、面倒な部分や、忘れてしまったコマンド、便利な機能のみSWEETのアシスタント機能を使うという方法にも対応できます。
wsweet1.png

SWEETの機能はこんなに豊富

ソースの編集機能

SWEETには、高機能なテキストエディタが内蔵されています。Linux側とのWindows共有(Samba)を通してソースのテキストを編集できます。また、各種コンパイルエラーからの行ジャンプ、変数の参照、各種検索、ブレークポイントの登録など、様々な機能とテキストエディタが連動して動きます。

sweet_pic2.png

  • コンパイルエラー行へのジャンプ
  • 関数/変数定義位置へのジャンプ

ビルド機能

SWEETは、ボタンのクリックだけでビルドが実行できます。Makefileの自動生成機能を内蔵していますので、イチからMakefileを作成する必要はありません。ビルド(コンパイル)エラーからのエラー行の参照も簡単にできます。

  • Makefile自動作成

デバッグ機能

SWEETで、ステップ実行、ブレーク登録、変数の参照といったひととおりのデバッグ機能が実行できます。SWEETは gdb (GNUデバッカ)に完全対応しています。

  • ブレイクポイント設定
  • 変数ウォッチ
  • 変数変更

F1ヘルプ機能

あの関数の引数なんだっけな?SWEETのエディターでは関数名のポジションでF1キーを押すことにより、システムコール、Cライブラリの関数マニュアルを参照することが出来ます。

F1help.png

ソース管理

CVSのクライアント機能を内蔵しています。ソースコードをCVSサーバに保守したり任意の時点に戻したりすることができます。

プロジェクト管理

SWEETで作ったプロジェクトは、作業状態の保存ができます。それにより、ソースファイル、Makefile、変数ウォッチ、登録したブレークポイントなどが、1つのプロジェクトファイルの中に記録され、中断した状態から開発の再開が容易です。

SH3 SH4 クロスリモートデバック

ターゲット機にインストールされた gdbserver と通信してSH3 SH4のクロスデバックが行えます*1
もちろんCAT760(SH4 CPU), CAT709(SH3 CPU)のアプリケーション開発に完全対応しています*2。CAT760, CAT709用ユーザアプリケーションの開発を SWEET から思いのままにデバックできます。

  • CAT709, CAT760でデバック(ステップ実行)が可能

wsweet2.png

便利なジャンプ機能

SWEETのテキストエディタは、グローバル変数の宣言位置へのジャンプ や定数の定義位置へジャンプ、関数の定義位置へのジャンプを実行できます。

Linuxへの接続構成

kousei.png

Windows単体での構成

Windows上にSWEETとcoLinux(Windows上で動作するLinux環境)をインストールする構成です。単一のマシンで、Linuxの開発が行えます。SWEETのパッケージには、coLinuxのインストーラと、coLinuxで動かすSilicon Linux OSのディスクイメージが収録されています。

Windows+Linux機での構成

Windows上にSWEETをインストールし、既存のLinuxとtelnet接続で開発を行えます。

Windows+Linux Box(クロスコンパイル)での構成

Windows上にSWEETとcoLinux(Windows上で動作するLinux環境)をインストールし、coLinuxのOS上で、Linux Boxのクロスコンパイルを行うことができます。

商品構成

SWEETパッケージ版の商品構成

Package1.png Package2.png

CD-ROMの内容
   SWEET及びインストーラ
   coLinuxインストーラー
   coLinuxイメージ(Silicon Linux OS)
   colinuxインストールガイド(pdf)
   SWEETマニュアル(pdf)
   SWEETチュートリアル(pdf)
紙媒体
   SWEETマニュアル
   SWEETチュートリアル
   CATを題材にした組込みLinuxガイド
   colinuxインストールガイド
ライセンス証
   アクティベーション用シリアルコードと認証コード申請用のFAX(電子メール)用紙
  • SWEETパッケージ版の他に、少しオトクなダウンロード版も用意しています。
  • 企業様向けに5ライセンスパックも用意しています。

ご購入

SWEETはライセンスを購入いただくことでフリー版から製品版へ移行できます。 ライセンスのご購入は SWEETのご購入案内 をお読みください。

フリー版ダウンロード

SWEETフリー版をダウンロードできます。製品版と同じ機能が使えますが、ソースコード総数が1000行までと制限されています。詳しくは SWEETライセンスをお読みください(以前は300行まででしたが1000行に拡大しました)

ダウンロードページへ

FAQ

SWEETに関するよくある質問と回答はこちらをご覧ください。

リンク

自動リンク

Last-modified: 2013-11-06 (水) 14:02:18 (1236d)