前のページ:PlusG SMART Solution チュートリアル - 準備

目次

サンプルプロジェクトをダウンロードする。

Windows PC でブラウザを起動して、http://www.si-linux.co.jp/pub/SmartSolution/Tutorial/ にアクセスしてください。ファイルの一覧が表示されます。
"OKOnly.pgsspro"をクリックしてください。ダウンロードが開始されます。ファイルを任意のフォルダに保存してください。

dl_okonly.png

リソースエディターでサンプルプロジェクトを開く。

SGResourcEditor.exe を実行してください。リソースエディターが起動します。

sgresourceeditorexe.png

[ファイル(F)]メニューを開いて[プロジェクト/リソースの読み込み(O)]をクリックしてください。

resourceeditor_file_open.png

[Open]ダイアログが表示されます。
"OKOnly.pgsspro"をクリックで選択して、[開く]ボタンをクリックしてください。

dialog_open.png

プロジェクトがロードされ、リソースが表示されます。

PGSMonitorとリソースエディターを接続する。

リソースエディターの[接続]タブ内の[待受]ボタンをクリックしてください。

resourceeditor_listen.png

通信ログに「〜待ち受け開始しました〜」と表示されます。

resourceeditor_log_listen_start.png

AndroidデバイスのPGSMonitorを起動してください。

pgsmonitor.png

起動したらメニューを開いて[IPアドレス登録]を実行します。

pgsmonitor_menu_ipsetting.png

[TCP IPアドレス]にWindows PCのIPアドレスを入力して[登録]ボタンを押します。

pgsmonitor_ipsetting.png

自動で接続されます。接続されると画面上に「接続開始!」というポップアップが表示されます。

pgsmonitor_popup_connected.png

また、リソースエディターの通信ログに「**:**:**<受信:HELLO OS:Android Resolution *** x ***」(*は数字)と表示されます。

resourceeditor_log_connected.png

時間をおいても自動で接続されない場合はメニューを開いて[再接続]を実行してください。

pgsmonitor_menu_reconnect.png

サンプル画面を送信する。

リソースエディタの[接続]タブ内の[送信]ボタンをクリックしてください。

注意
[送信]ボタンが無効になっている場合、Android側のスリープ等により接続が切れている事が考えられます。その時はAndroidをスリープから復帰してメニューを開いて[再接続]を実行してください。
resourceeditor_send_button.png

リソースエディターからPGSMonitorにダイアログのデータが送信され、Androidに下記の画面が表示されます。

pgsmonitor_okonly_dialog.png

画面をタップして通知されるか確認する。

画面の[OK]ボタンをタップしてください。リソースエディタの通信ログに「**:**:**<受信:CONDITION {'Command':'CONDITION','ActionName':'button1',...」(*は数字)と表示されます。

resourceeditor_log_button1_oncondition.png

このメッセージは、PGSMonitorで”button1”ボタンがタップされた事を通知しています。このようにPlusG SMART Solutionでは、ユーザーがAndroidの画面を操作すると、予め設定されたコマンドがサーバー(アプリケーション)に通知(送信)されるようになっています。サーバー(アプリケーション)は受け取ったコマンドに応じて機器の制御などの振る舞いを行い、必要であればコマンドを使ってクライアント(Android)にフィードバックを指示(送信)します。
これらのやり取りがPlusG SMART Solutionにおける基本的な処理の流れとなります。

次のページ:PlusG SMART Solution チュートリアル - アプリケーションの製作

Last-modified: 2013-07-02 (火) 18:33:01 (1362d)