CAT760用音声コーデック基板

本製品は製造終了・保守扱いです

CAT760のオプション製品 音声コーデック基板です。

IMG_6986.jpg

特長

  • CAT760に音声や音楽の録音・再生機能を追加することができます。
  • 手持ちのCD音源、または WAVデータから再生データを作れます。
  • MB760に直結できるコネクタ配列をしています。
  • Linux版ドライバ付き

IMG_6992.jpg
MB760との接続例

使用例

  • 「しゃべる」機械全般
  • 構内アナウンス装置 (LAN配信→音声出力)
  • 防犯用 自動録音装置

etc

仕様

機能録音・再生 (半二重)
サンプリング44.1KHz 16bit Stereo
インターフェース再生用・録音用 3.5φイヤフォンジャック 各1
寸法60x60 mm 突起部含まず
電源3.3V単一 MB760から給電
おまけ機能DIPSW 入力 3bit
フォトリレー出力2ch(通常は未実装・特注対応)

図面

ブロック図

寸法図

商品構成

スターターキット

IMG_6995.jpg

  • PCB-10101基板 x1
  • MB760 CN5と直結できるハーネス x1
  • ゴム足 x4
  • ドライバCDROM (ソース付き)x1
  • 回路図入り取扱説明書 x1

型名 PCB10101-KIT
定価 ¥19,800(税抜き)

量産用 基板のみ

IMG_6986.jpg

  • PCB-10101基板 x1

※ 一台目は必ずスターターキットをお求めください。

型名 PCB10101
定価 ¥8,800(税抜き)

よくある質問

ハードウェアの質問

  • 電源は?
    • 3.3V単一で、CN1から入力します。MB760と直結するときは直結ケーブルから取ります。
  • EK760 (EB760) と接続できますか?
  • SH3 (CAT709)に接続可能ですか?
    • SH7709Sは音声コーデックのためのI/F回路が内蔵されていないため不可能です。
  • DIPSWは何の目的ですか?
    • ひとつは録音ゲイン設定です。残りの3つはアプリケーションから自由に使えます。
  • 未実装のフォトリレーの目的は?
    • たとえば構内放送の切り替え信号などに使えるようサービスパターンとして用意しました。実装は特注で対応します。

ソフトウェアの質問

  • 再生できる音声データ形式は?
    • CDと同じく 44.1KHz, 16bit, Stereoの WAVデータが再生できます
  • 録音データ形式は?
    • 再生と同じく44.1KHz, 16bit, Stereoですが、WAVヘッダーがない rawタイプになります。詳しくはHowtoページを開設します。
  • SH4のLinuxでリアルタイムに再生できますか?
    • 録音再生には SH7760内蔵のDMAを使っていますのでリアルタイムな録音再生ができます。
  • 録音再生できる時間は(秒数は?)
    • 秒数に制限はありませんが 44.1KHz,16bit,Stereo のデータは毎秒約175Kbyteですので、必要なデータファイルを置ける必要があります。たとえばコンパクトフラッシュやUSBメリーを使うのが現実的でしょう。
  • MP3データの再生はできますか?
    • 今はできませんがフリーのmp3再生ソフト等を組みわせることが考えられます。howtoを用意します。
  • ドライバのソースコードは添付されますか?
    • スターターキットに添付されます。ライセンスはGPLです。バイナリーとソースコードをCDROMに保存して提供いたします。お客様がドライバをそのまま利用または改編し組み込み・再配布(公開)することは自由に認められます。その場合(お客様が改造したもの)もGPLライセンスとなります。

関連事項

Last-modified: 2012-01-20 (金) 14:13:57 (1892d)