CAT845

IoT対応
Renesasエレクトロニクス社製 RZ/G1E-PF 搭載 インダストリアルグレード組込みLinuxボード

CAT845は ARM CortexA7(1.0GHz) Dualコア を採用した高性能・小型・低消費電力なボードコンピュータです。基板上のFLASH-ROMにブートローダとLinuxオペレーティングシステムをインストール済みですので、標準でシェルやTELNET, FTP, SSH (client/server)等のネットワーク機能をもっています。基板上に実装されたFLASH-ROMからLinuxオペレーティングシステムが起動し、FLASH-ROMをディスクとして使用できます。gccコンパイラで作成したユーザープログラムを組み込むことができます。

cat845_01s.jpg

特徴

  • 量産・ケースへの組み込みを考慮しケーブルコネクタを片面配置としています。
  • 裏面に拡張端子がありユーザのI/O基板とスタック(積み重ね)ができます。
  • ビデオ出力基板を計画中です。

仕様

CPUルネサスエレクトロニクス RZ/G1E-PF
ARM CortexA7(1.0GHz)Dualコア
Main MemoryDDR3 1GByte
QSPI NOR FLASH64MByte
I2C EEPROM512Byte
FRAM8KByte
Ethernet10/100BaseTX
USB2.04ch
アナログオーディオIN/OUT
時計ICバッテリーバックアップ可能
外部ストレージmicro SD
電源DC 5.0V
温度範囲-40度C~85度C (microSD使用時は-25度C~85度C)

新製品発表

2017年第1Q発売開始予定。

お問い合わせ受付中です。お気軽にお問い合わせください。

本年度 ET2016 にて発表・動態デモをいたします。どうぞお越しください。

カタログ

RZ/G Linuxプラットフォームについて

CAT845は RZ/G1E-PF を搭載します。
詳しくはルネサスエレクトロニクス様の「RZ/G Linuxプラットフォーム」については公式サイトをご覧ください。

ルネサス エレクトロニクス株式会社

お問い合わせ

シリコンリナックス株式会社
052-219-4277 CATシリーズ担当者 (海老原/岩崎/新谷、エビハラ/イワサキ/シンタニ)
sales@si-linux.co.jp

関連

自動リンク