CAT845

IoT対応
Renesasエレクトロニクス社製 RZ/G1E-PF 搭載 インダストリアルグレード組込みLinuxボード

CAT845は ARM CortexA7(1.0GHz) Dualコア を採用した高性能・小型・低消費電力なボードコンピュータです。基板上のFLASH-ROMにブートローダとLinuxオペレーティングシステムをインストール済みですので、標準でシェルやwebサーバ, ssh (client/server)等のネットワーク機能をもっています。基板上に実装されたFLASH-ROMからLinuxオペレーティングシステムが起動し、FLASH-ROMをディスクとして使用できます。

cat845_01s.jpg

特徴

  • 量産・ケースへの組み込みを考慮しケーブルコネクタを片面配置としています。
  • 裏面に拡張端子がありユーザのI/O基板とスタック(積み重ね)ができます。
  • ビデオ出力基板を計画中です。
  • マイクロソフト VisualStudio2017でアプリケーションの開発ができます
    (VisualStudioを使わず従来通り TeraTerm(ssh), gcc, gdb, お好きなテキストエディタでの開発も可能です)

仕様

CPUルネサスエレクトロニクス RZ/G1E-PF
ARM CortexA7(1.0GHz)Dualコア
Main MemoryDDR3 1GByte
QSPI NOR FLASH64MByte
I2C EEPROM512Byte
FRAM8KByte
Ethernet10/100BaseTX
USB2.04ch
アナログオーディオIN/OUT
時計ICバッテリーバックアップ可能
外部ストレージmicro SD
電源DC 5.0V (実測値最大 420mA, アイドル時300mA)
温度範囲-40度C~85度C (microSD使用時は-25度C~85度C)
基板寸法90x100 (mm)

データ

CAT845寸法図

新製品発表

2017年第1Q発売開始予定。

お問い合わせ受付中です。お気軽にお問い合わせください。

本年度 ET2016 にて発表・動態デモをいたします。どうぞお越しください。

カタログ

RZ/G Linuxプラットフォームについて

CAT845は RZ/G1E-PF を搭載します。
詳しくはルネサスエレクトロニクス様の「RZ/G Linuxプラットフォーム」については公式サイトをご覧ください。

ルネサス エレクトロニクス株式会社

開発機材

開発キット EK845

IMG_2881.jpg

最初の1台目は開発ツールが同梱されているキット EK845 をお求めください。

pic1.jpg

開発キットEK845に同梱している物リスト

  1. CAT845 CPU基板
  2. 開発ツールDVD
  3. 電源 (5V, 2A)
  4. 電源ケーブル
  5. UART USBシリアル変換ケーブル
  6. microUSBケーブル
  7. 10mm金属スペーサ(4個)

量産用CPU基板 CAT845 でご注文の場合は上記同梱品(2)から(7)は付属しません。

EK845に同梱していないもの

  • パソコン(Windows10/64bit推奨)
  • LANケーブル

購入前のFAQ

RoHS指令に対応していますか?

はい改正RoHS指令 (RoHS2)に対応しています

必要電源容量は?

CAT845はDC5.0V単一電源で、消費電流は実測値最大420mA (アイドル時300mA)です。5V電源入力から過電流保護回路を経由しUSB端子へそのまま出力されています。外部のUSB機器で使用する電源分を考慮した電源設計としてください。(開発キット EK845 には 5V, 2A電源が付属します)

拡張コネクタCN10,CN11について

CAT845の拡張コネクタ(CN11、CN12)にはヒロセ電機製のFX8C-120P-SV1を使用しています
ベース基板に使用する相手側コネクタはFX8C-120S-SVまたはFX8C-120S-SV5になります
FX8C-120S-SVを使用するとスタック高さが6mmになり
FX8C-120S-SV5を使用するとスタック高さが11mmになります

CAT845 技術情報ポータル

バグリスト、変更履歴

CAT845_changelog

お問い合わせ

シリコンリナックス株式会社
052-219-4277 CATシリーズ担当者 (海老原/岩崎/新谷、エビハラ/イワサキ/シンタニ)
sales@si-linux.co.jp

関連

自動リンク

Last-modified: 2017-10-26 (木) 18:44:57 (29d)